So-net無料ブログ作成
検索選択

福島県民健康調査の結果について②

福島県民健康調査の結果について②】
 8/31福島県民健康調査検討委員会の資料の下の方に「手術の適応症例について」という補足資料があります。 → http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/129308.pdf
   syujutusyourei.jpg クリックして拡大。

 前回の公表時(昨年11月)とほぼ同じ形式なので、数字を比較しました。
zu 2.jpg
 今回の公表で、細胞診を受けて「がん、またはがん疑い」と判定された138人中のうち76%が手術を受けた事になります。一巡目検査に限定すれば88%。これらの結果を見れば「過剰診断」の批判が成り立たないことは明らか。 

 2015年3月末までに県立医大で行った手術のうち良性腫瘍の1例を除く96症例の中で、リンパ転移74%、「軽度の甲状腺外浸潤」39%で、これも昨年公表段階と同じ。

 いずれにしても、「5ミリ以下のがん」手術の対象にも、二次検査の対象にさえなっていない、というのが建前の県民健康調査です。 環境省の専門家会議では、『大人には3ミリ程度のラテントがんが多い』とか、『小さながんは一生発症せずに終わる』とか言って、福島の事態から目をそらそうとして、間抜けな事を延々と議論してしましたが、この手術事例については全く言及できませんでした。これが彼らの一番の弱点です。

 【気になる事】
 先日も書きましたが、2013年度の検査で細胞診と手術の実施率が明らかに低下したこと。細胞診は‘12年度44%→ ‘13年度30%。  「過剰診断」の批判に影響されたのか?(2014年度以降の二巡目検査は進行中なのでもうしばらく様子を見ます。) 先の「手術の適応症例について」の中で鈴木眞一は、「(リンパ転移や浸潤の症例を)切除しなかった場合でも予後が良いかは不明であり、切除しなくてもよいという根拠にはならない。このあたりの議論は注意を要するもので経過をさらに見守っていきたいと考えている。」「当院では、明らかなハイリスク症例以外は片葉切除を選択し、患者様のQOL維持に努めている」とわざわざ述べています。これには県立医大の利権確保の意図もあります。

 県立医大は今、「ふくしま国際医療科センター」を建設中。そこには「甲状腺センター」「総合周産期母子医療センター」「子ども医療センタ-」などが入ります。県立医大病院21Lt.jpgDSCN1360.JPG
 
 放射能の健康被害を見越した対応です。

8/23もんじゅ・西村さん怪死事件の裁判支援集会

【8/23もんじゅ・西村さん怪死事件の裁判支援集会】

 大阪ではじめて、もんじゅ・西村さん怪死事件裁判の原告・西村トシ子さんが講演しました。それに参加して聴いた内容を紹介します。

 この裁判は、もんじゅナトリウム事故(1995)の「ビデオ隠し」問題の内部調査を担当した動燃総務部長・西村成生さんが、ビデオ隠しの調査報告をした日【1996年1月12日】の深夜に怪死した事の真相を追究するために、妻のトシ子さんが起こした裁判です。

 被告は東京都と中央区警察署長。請求内容は、西村成生さんの遺品の返還です。その中には「ホテルに届いたはずの西村さん宛FAX」、背広、靴などがあります。

 事件からすでに20年近く経ち、この間にトシ子さんは動燃の安全配慮義務違反を訴えて国賠訴訟などを起こしましたが、最高裁で敗訴。また殺人など刑事事件の告訴はすでに時効となっており、多くの困難がありますが、遺品返還請求の中で、事件の真相への手がかりを掴む裁判です。

 この集会で知ったことは、

① 警察署は西村成生さんが来ていた服と靴を返していない。『妻(トシ子さん)が処分に合意したので、廃棄処分した』という内容のことを裁判の書面で述べています。トシ子さんはそれはウソだと主張し、返却を請求しました。

② FAXは、警察署は「なかった」と言いますが、FAXの有無は真相解明の一つのポイント。西村成生さんは
FAXを読んで、何かの行動を起こしたはず。それが怪死事件のきっかけではないか?

③ 西村成生さんは「自殺。8階から転落死」とされましたが、死後の頭蓋骨や背骨のレントゲン写真では大きな損傷がなく、不自然。トシ子さんが警察の霊安所で見た遺体の印象は、「ケンカしたような跡があった。」

④ しかも転落後の遺体の現場写真はなく、遺体を担架にのせた写真しかない。

 これ以外にいろいろ『自殺』では説明つかないない事象があり、話を聞いていて、松本清張や森村誠一の小説みたいだ、と思いました。

 国家権力の闇、犯罪に切り込む裁判になります。

以下、引用。
【もんじゅ・西村裁判を応援する会の経過】  http://plaza.rakuten.co.jp/minito9/diary/201506300000/  より
■「もんじゅ・西村怪死事件の真相を究明する会」発足
 警察署長・東京都らを相手取り東京地裁に提訴
 遺品引き渡し請求訴訟へ
 西村トシ子さんからのメッセージ
 新たな裁判での闘いをご支援ください

 最高裁での「上告棄却」の不当判決から3年。この間、西村トシ子さんは、原発関係の集会などで地道な活動を続けてきた。一方、一昨年(2013年)には、亡くなった成生さんの遺した動燃の機密書類を綿密に分析し、それをもとに日本の原子力政策の深層に迫るレポート記事が数回にわたって週刊誌に掲載された。この連載は、のちにまとめられ『原子力ムラの陰謀』(朝日新聞出版)として出版。大きな反響を呼んでいる。
 そして今年、トシ子さんは「原子力ムラ」に殺された夫の死の真相を明かすべく、再び裁判で闘うことを決意した。新たな闘いに挑むトシ子さんにメッセージを寄せてもらった。

 「原子力ムラ」に殺された

 皆さま、大変ご無沙汰いたしております。裁判の際は、たくさんのご支援いただき、本当にありがとうございました。
 最高裁での判決は悔しい結果に終わりましたが、裁判をきっかけに、事件について広く知ってもらうことができました。判決後もさまざまな形でそうした機会を得ています。その中でとくに大きな出来事として、『原子力ムラの陰謀』という本が出版されたことが挙げられます。「もんじゅ・西村事件」を語るとき、いまやこれをはずすことはできないでしょう。この本はわが家に残された動燃の機密書類をもとに取材された週刊誌連載をまとめたものです。政府や原発推進派にとって「不都合な真実」が暴かれたその内容は、この事件を知る上でも、また日本の原子力政策の腐敗構造を知る上でも重要な資料といえます。旧動燃が反原発派に対する情報収集や国政選挙対策を職務としていたことなど、事件の背景にあった事実を浮かび上がらせています。これを読めば、夫の死の謎が解けていきます。まずは、本を読んでいただきたいと思います。

 1995年、もんじゅの重大事故により、国策であった核燃料サイクルの安全神話は完全に打ち砕かれました。その後、動燃による事故撮影ビデオの隠蔽が発覚し、批判が噴出。マスコミの過熱報道が続き、さらに反原発運動が大きくなり、国策として、もんじゅ事故をめぐる事態の収束が日夜練られました。その一矢として、日々高まるマスコミ報道に対する人柱ショック法が考案されたのです。そのショック法――動燃の西村自殺説の矢が的中し、もんじゅ事故に対する加熱報道は一挙に収束していきました。

 この「自殺説」に困惑される方もいると思いますが、実はこれは松本清張の小説『中央流砂』のストーリーにそっくりなのです。おそらく推進派がこれを真似、情報操作したのではないかと私は考えています。
 いま政府や東電は福島原発事故の情報を隠蔽し、矮小化した情報を発表していますが、これも構造は同じです。さらに、マスコミへの報道規制や圧力も見受けられます。
 福島原発事故の前から、原子力ムラは核燃料サイクルを維持するため、長年にわたり、根拠のない安全神話を垂れ流し、虚構の繁栄を築いてきたのです。

 警察は証拠や書類を破棄

 私の活動の第一の目的は、「自殺」とされている夫・西村成生の死因を国に訂正させることです。夫はホテル8階からタイル張りの地上に飛び降りたことになっていますが、本当に転落死なのでしょうか? もしそうなら、落下地点の遺体を警察が撮影しているはずですが、そのような写真はないのです。この事件は、「飛び降り自殺」とした「警察認定」の 「杜撰さ」に尽きるといえます。

 西村事件に対して関心を寄せる人がかなり増え、昨年(2014年)11月、「もんじゅ・西村怪死事件の真相を究明する会」が発足しました。この会の実行委員になっていただいた方々に事件を理解してもらうため、あらためて再調査に同行してもらいました。法医学者を訪ね、さらには、ホテルの敷地内の遺体発見現場に行き、ホテルと旧中央署との至近距離の関係を確認。そして、当時の警察発表を再確認するため、捜査した警察へ3回ほど面会に行きました。当時の署員はすでに退職し、本人に電話で問い合わせたとのことで、別の担当者が対応しました。その回答は、「事件の証拠や書類は廃棄した」というものでした。

 繰り返しますが、夫の死は自殺などではありません。殺されたと考えています。殺人事件の証拠物を廃棄するなどあり得ません。平成8年1月の殺人事件は時効撤廃となり、いつでも誰でも告発できます。本来ならば、事件は、発生時から警察と検察の仕事なのです。

 こうした警察での対応を受け、私は、この3月、訴訟に踏み切りました。内容は、警察の関係者と東京都を相手取り、遺品の引き渡しを求めるものです。夫が亡くなったとき、私は警察署の霊安室で財布など数点の遺品を警察の担当者から受け取りましたが、服など含め身につけていたと思われるものはほとんど渡されませんでした。「自殺」と発表した警察が遺留品として押収したと考えるのが普通ですが、還付請求をしたところ、「押収されていない」と回答がありました。ところが、前述の警察での面会では「返還した」と言われました。ここにも警察の「杜撰さ」があらわれていますが、いずれにせよ、この「遺品引き渡し訴訟」を通し、夫の死の真相が、さらに解き明かされると私は思っています。

 あらたな活動がスタートしました。今後も関心を寄せていただくとともに、裁判へのご支援をお願いいたします。

■「もんじゅ・西村怪死事件の真相を究明する会」からの連帯アピール
 トシ子さんの生き方に突き動かされ

 昨年の11月24日、80名の参加を得て、「もんじゅ・西村怪死事件の真相を究明する会」が結成されました。西村成生さんの死から19年。民事訴訟の結審から2年が経過したこの時期に「究明する会」が立ち上がったのは、つれあい西村トシ子さんの真実(真相)を明らかにする、生き方をかけた闘いが、皆を突き動かしたからにほかなりません。

 目標は、西村成生さんの死を「被疑者不詳の殺人」として司法機関に受理・捜査させることです。会の結成以降、活動の柱は、成生さんの記者会見から葬儀までの経過を徹底検証することに据え、警視庁中央警察署への衣類還付請求から闘いを開始し、順次、科学技術庁に対する私物返還請求、死亡現場から病院に死体を搬送した消防署に対する状況説明などを求めてきました。そして、トシ子さんが訴訟に踏み切ったことから、今後は「遺品引渡請求裁判」への支援をおこなっていきたいと思っています。

 福島第一原発事故で、東電・政府・福島県はメルトダウンやスピーディ情報を隠し、多くの方々を被曝させました。福島県民健康管調査検討委員会は秘密の会合を繰り返し、小児甲状腺がんを隠そうとしています。
 私たちは、究明する会の活動が、「原子力マフィアの全原発政策を貫く、徹底した嘘と隠ぺい、過小評価を突き、人権確立、原発再稼働阻止!廃炉!もんじゅ・核燃料サイクル廃止と一体の闘い」であり、同時に「人としての連帯、共生・共感をつくる闘い」と位置付けています。
 私たちの活動には、前回の民事訴訟と困難な時期の闘いを担われた多くの方々の努力と蓄積を継承し、広く協力を仰ぐことが不可欠です。
 結成集会に「西村裁判を応援する会」の藤田様はじめ多く方々に参加したいただいたことにあらためて御礼を申し上げるとともに、真相究明の闘いをともに進める連帯のアピールといたします。
 高瀬 晴久(もんじゅ・西村怪死事件の真相を究明する会 事務局)



◆裁判へのご支援・ご協力をお願いします!

 西村トシ子さんを原告として、新たな裁判が始まりました。この裁判に向け、昨年「もんじゅ・西村怪死事件の真相を究明する会」が結成されました。これは私たち「もんじゅ・西村裁判を応援する会」とは、別の形でつくられたものですが、私たちはこれと連帯し、応援していきたいと考えています。是非、裁判へのご支援・ご協力をお願いいたします。



甲状腺検査の結果について

【甲状腺検査の結果について】
 8月31日に公表された福島県民健康調査のデータの中で、甲状腺検査の結果に注目が集まっているので、私も見てみました。
→ http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21045b/kenkocyosa-kentoiinkai-20.html

【一巡目検査(いわゆる「先行検査」)】の結果に大きな変化がない。2013年度被検査者のうち二次検査で細胞診を受けて甲状腺がん(「がん疑い」)と判定された人が1人増えて、合計112人になった。(良性1人を除く。)
 なお前回から今回までに新たに甲状腺手術を受けた者はいない。

【二巡目検査(いわゆる「本格調査」)】で甲状腺がん(「がん疑い」)と判定されたものが10人増えて、25人になった。
 なお前回から今回までに甲状腺手術を受けた者は1人(「乳頭がん」)。

★ 一巡目検査で甲状腺がん手術事例の患者は98人。受診者を分母に採り10万人あたりの発症率(罹患率)を計算すると、全国平均(1975~2008年)の40倍弱の罹患率です。これらは手術事例ですから、小さい甲状腺がんとか「一生発病しない甲状腺がん」ではありません。臨床事例またはそれに近い進行状態の甲状腺がんです。

    98人÷330476人×10万 = 32.6(人/10万人)

    全国平均罹患率(15~19歳) :  0.88(人/10万人)  
【気になること】
 一巡目、二巡目の検査で、「二次検査の対象」と判定された人のうち細胞診を受けた人の割合と、細胞診を受けた人のうちで甲状腺がん手術を受けた人の割合が、年度ごとに下がっています。一巡目検査からすでに2年以上経ち、今後に新たな細胞診や手術を受ける人は多くないと思われるので、2013年度の細胞診と手術の事例数が少ないことは気になります。二巡目検査はまだ途中なので、これから細胞診と手術事例が増えるかもしれません。注目しています。
      一次二次検査 (2).jpg
 それにしても、『がんであるが手術するほどのレベルではない』というがんの割合が増えたので手術や細胞診が減ったのか? そうなら良いのですが、私が危惧することは「過剰診断」を理由に甲状腺がんの判定/治療基準を引き上げているのではないか? 結果的に、必要な治療が妨げられていないか?という点です。「過剰診断」が叫ばれ始めたのは、2013年度検査の二次検査や二巡目検査(2014年~)の時期と重なります。この間に、甲状腺がん手術を仕切っていた福島県立医大の鈴木眞一氏が福島県「甲状腺評価部会」で手術事例を公表し、『ガイドラインに沿った適切な手術だ』と主張しました。またその後、理由はわからないが健康調査検討委員会の担当をはずされました。

【北茨城市の甲状腺検査結果の公表】
 北茨城市は、事故当時0~18歳であった市民に補助金を出して甲状腺検査を進めています。その結果が公表されました。自力の甲状腺検査を実施している自治体のうちで、A,B,C判定だけでなく「がん」の患者数も公表したのは北茨城市が初めてです。
→ http://www.city.kitaibaraki.lg.jp/docs/2015082500032/files/koujousenn.pdf

 この公表結果の「がん」は、細胞診で見つかったのか?手術で見つかったのか?どの診断段階で判定されたのかわからないので、細胞診の段階とします。 『チェルノブイリ事故の際の甲状腺がんは4~5年後から増加』という人がよくいるので、潜伏期間を4年と仮定すると、北茨城市の子どもの甲状腺がんの罹患率は、

    3人÷4777人÷4年×10万人 = 15.7(人/10万人)

    全国平均罹患率(5~24歳):    0.50(人/10万人)

 実際にがんが見つかったのは、2014年度検査の3593人(主に、事故当時5~18歳)の中からなので、

    3人÷3593人÷4年×10万人 = 20.9(人/10万人)

    全国平均罹患率(10~24歳):   0.64(人/10万人)

 いずれにしても全国平均の30倍以上の多発です。ただし分母となる受診者数が5000人程度なので少ないという欠点があります。

 そこでこの公表データと、1年半前に環境省が公表した福島県外3県の甲状腺調査とを、罹患率でなく『甲状腺がんの発見率』で比較しました。環境省の調査は山梨、青森、長崎県で行われ、被検査者数が4365人でその年齢が3~18歳であり、北茨城市の調査とよく似ています。甲状腺がんと判明したのは1人でした。(詳細に見ると両者に違いがあるので、あくまで大まかな比較です。)

 ・「3県」の甲状腺がん発見率は、 1人÷4365人×10万 = 22.9(人/10万人)

 ・北茨城市の甲状腺がん発見率が「3県」と同じと仮定してポアソン確率を計算すると、

    北茨城市の3593人中がんが0人見つかる確率:43.9%

                       1人見つかる確率:36.1%

                       2人見つかる確率:14.8%
 
                       3人見つかる確率: 4.1%
   
                    3人以上見つかる確率: 5.1%

 「3人以上見つかる確率」は5%、1/20ですから、北茨城市と「3県」の発見率が同じである可能性はとても低いです。調査規模は小さいが、環境省のデータに基づいても福島周辺の地域で甲状腺がんの異常多発が推定されます。

 なお福島県の甲状腺検査と「3県」調査の比較は、少し古いですがここにあります。

→ http://no-nukes-hokusetsu.blog.so-net.ne.jp/archive/201404-1

【北茨城の放射能】
 それにしても、北茨城市の甲状腺検査は福島県と違い、希望者が受ける制度です。しかも受診の際には事前に「甲状腺の講習会」を受けることを義務づけられます。それでも受診対象者の6割以上の市民が自ら受診するのですから、市民の放射能の関心と危機感はとても強いのだと思いました。北茨城市だけではないはずです。

 友人に教えてもらったデータです(NHKのHPより)。事故直後(3/15)の北茨城市の放射線量は、福島市やいわき市と同程度、郡山市や白河市の2倍でした。この時期の放出放射能にはヨウ素131が多量に含まれていました。
福島線量.jpg郡山線量.jpgいわき線量.jpg北茨城線量.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。