So-net無料ブログ作成
検索選択

10.12、福島市で放射能健康相談&講演会が開催されました/神奈川県保険医協会でも(神奈川県からの報告)

【10/12、福島市で放射能健康相談&講演会が開催されました】
  主催は「放射能健康診断署名実行委員会・福島」のみなさん。講演は医療問題研究会の髙松勇さんでした。その動画がこちら↓

20141012 UPLAN 高松勇「甲状腺がん103人をどう見るか、低線量被ばくから健康を守る」   高松さんの講演は、10分頃から1時間23分までです。
→  https://www.youtube.com/watch?v=FmpWfE6wl9g

 会場全体は映っていませんが、拍手の大きさから想像するに、結構の参加者です。この講演会のチラシを駅前でまいた人の話を聞くと、「とてもビラの受け取りが言い、7割の人が受け取っていく。特に30代~40代の人はみんな受け取ってくれる。やはり放射能と健康被害の関心は高い。」

 私が福島市や郡山市で『放射能健診署名』を呼びかけた時も、同じ感触でした。福島には不満と要求が溢れています。

神奈川県保険医協会でも(神奈川県からの報告)】
 10月13日、横浜市内で神奈川県保険医協会主催で「福島第一原発事故後の小児甲状腺がん異常多発と健康被害の現状」と題して、医問研高松勇医師の講演会が開催されました。
     image1013.jpg クリックして拡大。

 7月初めの小児科学会で高松医師の講演を聞いた神奈川保険医協会の医師の方が準備されて、開催が決まったとのことです。

 事前申し込み制でしたが、50席を超え満席でした。参加者は医療関係者、避難者、原告団の方、かながわ訴訟弁護団の弁護士、一般の方も、多数でした。

 医師の方、賠償訴訟で低線量被ばくを担当している弁護士の方など、質問も時間ぎりぎりまで行われました。署名も高松医師から紹介もあり、全員に配布、またその場でも集まりました。
 医学界での講演会であり、今後の反応も楽しみなところです。報告まで。
 
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

命を大切に思う者

私達が真っ先にしないといけないことは、
3号機のプール内の瓦礫の下を1日も早く東電に公開させることです。
「瓦礫の下を見たら、ある筈の使用済燃料の何割かが無かった」となると、
それらは2011/3/14の爆発時に飛散してしまっていて、
それらが日々200km圏内の住民の肺に溜まっていってることになるからです。

プール内にある使用済燃料は、
原子炉にある燃料と同じもの(原子炉から移して来てそのまんま置いてある)で、
単に間隔を広くすることで核反応が起きないようにしてるだけなのですから、
水素ガス爆発でプール内の水が動いてラックが壊れて燃料の間隔が狭くなったら
原子炉で発電時に起きてる核分裂の連鎖反応と同じものが起きても不思議はないし、
その際は制御棒が無いので
連鎖反応が行過ぎて燃料が溶けて気化して大気中に飛散しても不思議はないのです。
現に、2011/3/14の爆発を見ると、水素ガス爆発に引き続いて、
プール内の水が一瞬で水蒸気になって吹き上げられる様が見えるではないですか。
一瞬で水蒸気になった理由は、燃料が超高温になったから(溶けて気化するほどに)。

測定で使用済燃料の成分が見つからないから飛散してないに決まってる
と考えるのは間違え。
使用済燃料の成分の大半は、
堆積はとびとびなのに、測定器を数cm以内に近づけないと反応しない、
という見つけずらいものなのです。
たとえ、そこらかしこに膨大な量、堆積していても、
あんな数箇所しか測らないスカスカな測定の仕方で見つかるわけがない。
そこらかしこに膨大な量、堆積していてるか否かを測定で判断することは
事実上不可能なのです
(測定器を数cm以内に近づけないと反応しないから)。

それを判断するには、
3号機のプール内の瓦礫の下を1日も早く東電に公開させるしかないのです。

国連科学委、政府、学者、マスコミが、
「避難は20km圏で充分。その外は移住させなくても健康被害は出ない」
と言い張っていますが、、
国連科学委も政府も学者もマスコミも、根拠してるのはすべて東電発表。

国連科学委、政府、学者、マスコミがそんなことを平気で言える理由は、
もし間違ってて将来膨大な数の死者が出ても「自分も東電に騙された」と言えば
逃げ切れると思ってるからです。
そう逃げ切れる状況にしておくために、根拠の発信元をすべて東電にしてるんです。

しかし東電は平気で嘘をつく。
そのことはこの動画を見ればわかります(東電テレビ会議録画。本37-6)。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23589204
http://www.nicozon.net/watch/sm23589204
上の動画が公開され、
東電がどれほど嘘つきかの証拠を彼らも見ている以上、
「自分も東電に騙された」という言い逃れは通用しない。
嘘と知っててそれに乗っかっているのは明らか。
いや、むしろ裏で、自分達の方から東電にその嘘を言わせている可能性が高い。
自分達の方から東電に
「処罰されるのは法人であって東電内の個人は誰も処罰されないから、
 我々が根拠にしたいことのすべてを、東電が言ってることにしてくれ。」
という感じで頼んでいる可能性が高い。
国連科学委も政府も学者もマスコミも、みんなが...

もう3年半も経ってるのにプール内の瓦礫の下を未だに見せてくれない。
3年半も経ってまだ見せてくれないのを
国民の誰も異常事態だとは思わないのでしょうか?

by 命を大切に思う者 (2014-10-19 20:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。